今日もどこかで空想中。小説と戯れ言の居場所。


by plasebo55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

SSったー

「川」「クリスマス」「ヨーグルト」に関わる、「ハッピーエンド」のSSを8ツイート以内で書きなさい。 shindanmaker.com/15896

*
 船が沈まないぎりぎりの大きさのソーラーパネルがおんぼろラジオの生命線だ。ラジオを動かせば並列に繋がれた浄水装置は間欠的に働くのをやめてしまう。
 だが、今日はいいだろう。ラジオ以外に娯楽もない、出来る遊びなどたかがしれている。


*
 子供がラジオのチューナーを弄る。
 電波の波をラジオが拾っていく。

 ――じんぐる、べる。じんぐる、べる。

「誰だね、こんな曲リクエストしたのは」

 季節は通年太陽のちスコール。
 ラジオ以外に季節を知る由もない。


*
「おとちゃん」
「うん?」

 ラジオから顔を上げた子供の顔は日焼けと潮焼けで真っ黒だ。女がこぞって美白美白と言った時代もあったようだが、今じゃ滅多にお目にかかれない。

 まあ女にも滅多にお目にかかれないが。
 船に乗る女など数知れている。


*
「おとちゃん! くりすますってなに」
「……あー うん?」

「くりすます。ラジオで言ってた」
「あー」

 ぼりぼりと頭を掻く。白い物が落ちた。塩だ。


*
「良い子にしてたらじいさんがいいものくれる日だ」
「いいもの」
「いいもの」
「ほんとのおとちゃんとかか」
「そうだな……あ、いやそりゃむりだ」
「むりか」
「無理だ」
「じゃあヨーグルトは」
「次に陸が見えて牛が居たらな」
「おう」


*
「……おとうちゃん泣かんか?」

 裸足へ舳先へと駆けていく子供の背に声をかける。
 振り返った子供は首を傾げる。

「なんで?」
「おとうちゃん、ヨーグルトと一緒……いやなんでもない」

 ヨーグルトも滅多に出会えるものじゃない。


*
「りくか。どこかな」
「旧アーグノ川を上がってるはずだから運が良ければ」
「きのうまでカンピかいにいたよな?」
「東に進んだろ?」
「おう」
「じゃあハナン大陸に突っ込んで、アーグノ川上がってるはずだ」
「みわけつかん」
「そうだな」


*
「おとちゃんおしっこ」
「おーおー その辺でしてしまえ」

 子供が言うと、男は広大な海を指す。

「お互い男で良かったな!」
[PR]
by plasebo55 | 2014-05-29 01:11 | お題